あっという間に2月。
1日から手放すワーク実践者のためのコミュニティ、【あんのん道場】も始動しました。

しれ~、っとね。(笑)

私の準備不足もあり、初日からバタバタ。
会員さまにもご不便をおかけしていることと思いますが、
ワーク実践者の方が安心してワークを深めていける場、
同じような仲間と交流を深め、お互いに気づきを得られる場
を提供したいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いします!<m(__)m>

そして、あっという間に今日は「節分」ですね。

節分というのは、文字通り季節が変わる分かれ目。
「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」が、それぞれの季節が始まる日となっていて、その前日が季節の分かれ目の節分の日となるそうで、本来は年に4回あるわけで。

旧暦と一緒に使われてきた二十四節気では、立春から新しい年が始まります。そのため、立春の前日の節分は、今で言う大晦日のように、一年の最後に当たり、特別な日としてとらえられていたそうです。現在ではそれが節分の習慣として残っているんですねぇ。

私も、自分にとっての新年は今からがスタート!って感じがしてます。
節分の今日は部屋の片づけや不要なものを整理したり、12月の大晦日にもやりましたが、あらためて、昨年の振り返りや今後の計画を確認、必要なら見直しをしたいと思います。

そして、延び延びになってたキンドル本出版も。

やることがたくさんあって、思考まみれになることもしょっちゅう。

「うまくやろう。」「効率よくやろう。」

そういう欲や期待が

「うまくいかなかったらどうしよう。」
「予定どおりにできなかったらどうしよう。」

などの不安や恐怖を連れてきます。(笑)
そんなときは、いつも「今」に戻ることにします。

ワーク初心者の方は

思考に飲み込まれて、頭の中のドラマに自分が巻き込まれていること自体に気づくことが難しいこともあるかもしれませんね。

でも、これも慣れと言うか、頭の中のおしゃべりをただの「思考」だと俯瞰してみれるようになれば、だんだんと自分が今思考まみれになっているかどうか、気づくようになってきますよ。

まずはここを目指したいですね♪

ではでは、今日はこの辺で。
みなさま、どうぞステキな日曜日をお過ごしくださいね。

(※ 近日出版予定のキンドル本ですが、メルマガにご登録くださいますと、PDF版をダウンロードしてお読みいただくことができます。
メルマガ購読もPDF版電子書籍も、どちらも無料ですので、ご興味のある方は「無料プレゼント」のコーナーからメルマガ登録をよろしければどうぞ♪)