こんにちは。トコロです。
週末ですね♪
今年はじっくりお花見する時間がまだ持てなかったので、今週末はお散歩がてら花見を堪能しようと思います。

お花見といえば、桜ですね。
桜といえば、色でいうとピンクじゃないですか。

薄いピンク色を見ると、反射的に桜の花をイメージします。

桜を見ると、なんだか優しい気分になります。
人によっては「フレッシュ・スタート」って感じかしら?

ところで

人によって多少違うでしょうけれど、
色によるイメージって、大体決まってると思いませんか?

体感的なもの。例えば、
暖色系の色は温かみを感じ、寒色系は逆とか、
こういうものは、そんなに変わらないと思う。

でも、観念的なものは?

例えば私が子供のころ、よく耳にしたのは

女の子は赤、男の子は青。
紅白はめでたい。
カラス、黒猫は不吉の象徴。
ピンクは女性らしさや、かわいらしさ。

…でも、ピンクって、アレですね。
エッチな意味でも使用されますね。
ピンク映画とか、ピンクサロン(ピンサロ)とか。

色の観念的なイメージも、
私たちはみんな、大体同じと思っていませんか?
でも、国によっても違うそうですよ。

例えば、先ほどの色によるエッチなイメージは、

アメリカだと青
スペインは緑
中国は黄色
イタリアは赤

だそうです。
面白いですね~。
イタリアの赤なんかは、なんとなくわかる気がする。

ちなみに統計では、日本人の好きな色の一番は「青」だそうです。日本人からすれば、アメリカではエッチなイメージもあると聞けば、「えー?なんでー?」って思いますよね。

そういえば、
昨年、黒い名刺を作ろうと思ったらまわりに不評でしたねぇ。(苦笑)

セラピスト=やわらかいイメージの色。
(ピンクとか、ベージュとか。)

というイメージが強いのですよね。
まぁ…わかりますけどね。

私の中では、
「禅」というと、「黒」のイメージがあって
それで黒を使いたかったのですが、

まぁ、黒って、心理的にはちょっと「癒し」からはほど遠いからなぁ…と思い、やめました。

話は少し逸れますが、

黒で思い出しました。カラス。
私、結構好きなんですよ。

カラスって、不吉なイメージありませんか?
だから子供の頃は嫌いでしたね。

カラスでイメージするのは、
戦場でたくさんの屍が横たわってて、その死肉をついばんでるイメージ。

なんかの漫画かアニメで観たんでしょうね。こういうイメージ。

THE・刷り込み。
ですね。(^-^;

でもよくよく見ると、彼らはとてもユーモラスでかわいいし、霊長類並みの知能(!)を持ち合わせているそうですよ。今ではとても興味深い生き物だと思っています。

カラスをペットにできたら、面白いだろうなぁ。

なんでもイメージで決めつけるのは、つまらない!
ひとに対しても、そうですね。ついつい決めつけが入っちゃいますけど。

人には、記憶ってものがあるから…
あ、でも、カラスだってあるらしいですよ。長期記憶。
人の顔を忘れないそうです。何年もですよ。驚きですね!

私ね。カラスと話すことができたら、聞いてみたいことがある。

それは、例えば3日前にゴミ捨て場で邪険にされた人のことを四六時中、「あいつ許せない!」って頭の中でぐるぐる思考してるのか?って。(笑)

恐らく、彼らが自分たちを攻撃してきた人間の顔を忘れないのは、生存のため備わった知恵で、人間のような自我心(エゴ)で、いつまでも無駄な思考はしていないような気がする。人間は動物の中で一番賢い、エライって当然のように思ってますけど、彼らのほうがよっぽど生き方上手なのかも。私たちは、もう少し自然や動物から学ぶべきじゃないかなぁ、なんて思います。

なんだか、色の話からカラス礼賛になってしまいましたね。(苦笑)

(トコロがたまにゴミ捨て場のカラスに「カー子ちゃん♡」と言って話しかけているのは内緒にしておこう。^^)

 

あなたの心に平安が訪れますように。
どうぞよい週末を。