こんにちは。トコロです。
先日、メンタリストDaigoさんのYoutube動画を観ていたら、彼がこんなようなことを言っていました。

「嫌われないよう努力するのは無駄である。なぜなら、他人があなたを好きになるポイントは大体一致しているが、嫌いになるポイントについては、相手によってさまざまだからだ。」

まぁ、無駄と言われてもやっぱり人に好かれようとするのが人の性ってもんでしょう。でも、コスパが悪い行為なんですってね。まったく、とほほ。。。です。(苦笑)

愛されたい。
受け入れられたい。
評価してもらいたい。

これらは人間の基本的な欲求ですよね。たぶん、ほとんどの人が持っている欲求ではないかと。

でも、愛されようとすればするほど、うまくいかない。その努力が報われることって少ないのではないかしら?

うわべだけ、またはその場限りの人間関係なら、本人もそこまで気にしないかもしれない。その場だけうまく取り繕っておけばいい。でも、自分がもっと他人と親密になりたいと願っている場合、うまくいかないと、凹む。

なぜなら、そこには「期待」があるから。

他人に気に入られたい、好かれたい、愛されたい、

ちょっと肩に力が入った、そんなモードで人と接するとき。
その力みが返って他者と親密になることを邪魔してる気がする。

そこにはコントロールがある。
自分に対するコントロールもあれば、相手に対するコントロール(他人は変えられないが、相手をコントロールしようという欲求で行動することはよくあることだ)もある。

前回、「ありのままって、わがままなの?」というタイトルでブログを書きましたが、

相手に好かれようと思って自分や他人をコントロールしようとすることの方が、ある意味わがままなんじゃないかと私は思う。

まぁ、コントロールというと、ちょっと違和感を感じる人もいるかもしれない。

他人に必要以上に気を使って自分の方がガマンしたり、譲ったりしてしまう。それって、どちらかというと、コントロールしているんじゃなくて、相手にコントロールされてるんじゃないの?って思うでしょう。

例えば自分の欲求ばかり通そうとする人にNOと言えなくて、しかたなくこちらが折れて相手の欲求に従うなんて場合、コントロールされているとしか思えない。

それは、すご~く、わかる。
ええ。わかりますとも。私もさんざん経験してきました。

でも、あなたがガマンする側の立場にあった経験があるなら、そのときのことをちょっと思い出して欲しい。

それとき、あなたは、結果に対する「期待」がなかっただろうか?

そうすることで得られる何か。
それに対する期待が。

好きになってもらえる。
嫌われずに済む。
いい人だと思ってもらえる。
有能な人間だと思ってもらえる。
当の相手には伝わらなくても、自分がガマンすることで、まわりの第三者に自分のほうが精神的に大人だと思わせることができる。(自分のほうがいい人間だとまわりに見てもらえる)もしくは、同情してもらえる。

あなたのほうが「被害者」的なポジションにいるようにみえるときも、なぜそれに甘んじているかと言えば、得るものがあるから。

こんなことを書くと、読む人によっては不愉快に思うかもしれません。ごめんなさいね。

でもね。何が言いたいかというと
期待することもまた、形をかえたコントロールなのではないかということ。

もちろん、人間だもの。期待はするでしょう。
そういう気持ちが自然発生的に沸き起こること自体は、コントロールとは言えない。

私がコントロールと呼んでいるのは
何かを得ようと期待しながら、自分を曲げたりガマンしたりすること。

一見相手にコントロールされているように思えても、
自分も、己の欲求を得るために行動するなら、

(そして、おそらくそれは意識的じゃなくて、無意識でやっていることも多いのではないかと思う)

やっぱりコントロール。
無意識でやってるなら、ただ、気づいていないだけじゃないかな…

ありのままで相手と接するとき、そこにコントロールはない。

ありのままに振る舞っている人は
いい意味で「期待なしで生きている」のだ。

ポジティブな思考や感情があろうと
ネガティブな思考や感情があろうと

そのまま自然体で相手といられるのだ。

自然体の人と一緒にいるとき、とても楽ちんだ。そして、心地いい。

おそらくそれは、

自分も自然体でいられるから。
作りごとのない、ただの自分でね。

 

「傷つくならば、それは愛ではない。」(by チャック・スペザーノ)

あなたの心に平安が訪れますように。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。